Category: おすすめの一眼レフ (Page 1 of 2)

  1. >
  2. おすすめの一眼レフ

Nicon F6

2004年発売から今も変わらず販売されるモデル

カメラといえばデジタルカメラが常識になっている現在ですが、そうした時代だからこそフィルム式のカメラのもつ味の良さを実感できるということも言えます。

Nikonの一眼レフカメラは最初の製品が発売されてから既に50年以上が経過していますが、2000年代に入ってからは急激にデジタル化が進みました。

「Nicon F6」が発売されたのは2004年と既にカメラ市場の大半をデジタルカメラが席巻していた時期でしたが、長年に渡りハイエンドフィルムカメラを製造してきたメーカーとして、その最高傑作として開発・販売をしたのがこの製品です。

Nikonの「F」シリーズは1959年の最初のカメラより「Nicon F6」まで脈々と受け継がれており、その間には「フォトミック」などの多くのシリーズが開発されてきました。

「Nicon F6」は前モデルの「F5」と比較してボディサイズを小型化しており、中でも高さは「F5」の149ミリから119ミリへと30ミリも縮小しています。

メーカーからも「Nicon F6」については「最新にして究極のオートフォーカス一眼レフカメラ」というキャッチフレーズをつけており、おそらくは今後大きく発展することはないだろうフィルムカメラにおいて、その最高傑作として作り上げたモデルであると言えます。

マルチコントロールバック機能でデジタルデータ化も可能

フィルムカメラの最も面倒な点は、撮影した映像をその場で確認することができないという事と、オンラインで使用するデジタルデータ化ができにくい事です。

印刷物として使用する場合でもデジタルデータとなっていないと使える場所も限られてしまいますので、フィルムでの写真撮影は本当に個人用の趣味として楽しむしかないのです。

そこで「Nicon F6」では、マルチコントロールバックという機能をつけることにより、PCなどへ撮影情報を取り込みやすくしており、デジタル一眼レフに慣れた人にも便利な仕様を実装しています。

このマルチコントロールバックという機能は「F6」以前のカメラから使用することはできたのですが、別売りで付属機器を用いなければできないようになっていました。

しかし「Nicon F6」では最初からマルチコントロールバック機能が搭載されており、平面の液晶パネルから内容を確認して記録できるようになっています。

この時の記録データでは撮影をしたシャッタースピードや絞り値、使用レンズといった撮影環境の情報も同時に記入できるようになっているのも便利な点です。

こうした仕様から考えても、「Nicon F6」は単なるフィルムカメラではなくデジタルカメラ時代のフィルムカメラというところに特化していることがうかがえます。

Nicon D5

Nikonのデジタル一眼レフのフラッグシップモデル

Nikonが初めてデジタル一眼レフを販売したのは1999年で、それまでのフィルムタイプとは大きく異なるモデルとして新たに「D」シリーズが登場しました。

発売当初よりAPS-CサイズでCCDセンサーを採用しており、画素数は266万画素と当時の基準としてはやや低めであったものの、大型撮像素子を用い撮影後にすぐ背面の液晶画面で確認ができるという仕様は、現在までも続く基本的な構造です。

ちなみに発売当時の「D1」は店頭販売価格は約65万円とかなり高いものでしたが、最新機である「Nicon D5」においても店頭価格は58万~63万円となっていることから、発売から約20年が経過しているにも関わらずほとんど値崩れをしていないということがわかります。

Nikonのデジタル一眼レフでは「D」のあとに一桁の数字がついているものをハイエンドのフラッグシップモデルとしており、その最新機である「D5」は2016年3月に販売されています。

前モデルである「D4」は2014年に発売されており、当時より搭載されていた機能を引き継ぎつつも、最新のデジタル一眼レフスペックにランクアップさせたのが「D5」です。

素人には使いこなすのが難しいハイスペックモデル

「Nicon D5」の基本スペックは、有効画素数2082万画素にISO感度100-102400、高速連続撮影約12コマ/秒という驚異的なものです。

さらにD-Movieでの動画撮影では、フルHD対応に4K UHD30pとなっており、静止画だけでなく動画においても相当の機能があることがわかります。

中でも注目なのが新開発された「マルチCAM20Kオートフォーカスセンサーモジュール」で、153点のフォーカスポイントの中から高密度に被写体をカバー可能です。

このオートフォーカス機能は「D4」のときには51点となっていましたので、新モデルでは飛躍的に増加したということになります。

内蔵マイクも以前のモデルまではモノラルであったものがステレオ対応となっており、動画においてより臨場感のある撮影をしていくことができます。

更にレンズとの微差調整が簡単にできるAF微調節の自動設定機能などがあり、静止画撮影時のピント合わせを簡単な操作で瞬時に可能となりました。

高解像度や高画素の撮影を可能にしてるのは最新の画像処理エンジンであるEXPEED5で、データ量の多い画像や動画を保存しても素早く閲覧や切り替えをすることができます。

他にも「D4」と比べてかなり多くの新機能を盛り込んでおり、相当にカメラに詳しい人でないとその機能をきちんと使いこなすことができません。

Nicon Df

往年のNikonファン大歓喜のレトロデザイン

「Nicon Df」は2013年11月に発売された、懐かしいフォルムと「Nikon」のロゴが特徴的なデジタル一眼レフカメラです。

Nikonが初めて一眼レフカメラを発売したのは1959年のことで、当時数多く存在していたライバルカメラメーカーと比較して堅牢な作りと信頼性のある性能が評価され、以降次々と後継機を作っていくこととなりました。

ちなみにニコンという会社が誕生したのは1917年のことで、「光利用技術」と「精密技術」の二つを柱として現在では半導体露光装置やFPD露光装置といったものを精機事業として取り扱っています。

これから初めて一眼レフカメラを購入しようと思う人にとっては「Nikon」と「Canon」のどちらにするか非常に悩むところではないでしょうか。

一般論として「Nikonは風景写真、Canonは人物写真」に向いているとユーザーからは言われています。
これは「Canonは被写体を美しく映すことができる」のに対し「Nikonは被写体のありのままを映す」とも言われることから来ている言説です。

あくまで一般論であるため実際の撮影環境や被写体の種類、使用するカメラやレンズによって状況は異なりますが、Nikonという会社の「色」へのこだわりを理解するにはかなり適切な例えであるといえます。

そのため往年の風景写真ファンにとってはNikonのカメラは長年に渡って使用することができる愛機となっていたのですが、1999年よりデジタル一眼レフカメラが発売されるようになったことで古き良きNikonの銀塩カメラは衰退していくことになってしまいました。

歴代のニッコールレンズが使えるこだわり仕様

Nikon初の一眼レフカメラは、初代のニコンFに始まり既に50年以上の歴史があります。
しかしその歴史の中ではさまざまなデザインの変化があり、当初存在していた機能美などが損なわれてしまいました。

そこでニコンのカメラの原点に戻るということで新たに2013年に発売されたのが「Nicon Df」で、あえて旧モデルの造形を導入することで昔ながらのカメラならではの良さを実感できるようにしています。

造形は一目見ただけで他のシリーズとは全く違うということがわかりますが、中でもボタンやダイヤルを積極的に復活させて、かつてのカメラと同じような使用感を実現してるということです。

ボディのデザインは初代の「F」シリーズのものを踏襲しており、カメラ本体正面の「Nikon」の文字も旧モデルのものを採用しています。

歴代の「ニッコールレンズ」をそのまま装着できるようにもなっており、デジタル時代になって眠ってしまったレンズを再び使用することができます。

Nicon D810

プロも大満足の高機能カメラ

「Nicon D810」は一般向けフルサイズ一眼レフとして初めて作られた「D700」の後継機として、機能を向上させたハイクラスタイプとして登場したカメラです。

前のモデルである「D800/800E」は発売当時の2012年には当時のデジタル一眼レフとしては最高画質である3630万画素を搭載しているとして大きな注目を受けました。

他のミドルクラスモデルが次々に小型化をしている一方で「Nicon D810」はむしろ前モデルよりも大型化を進めており、その分高性能の画像処理エンジンや高角度のファインダーという進化をしています。

ちなみに「D800/800E」の発売当時の店頭販売価格は約30万円でしたが、2014年に「Nicon D810」が発売されたときには約23万円程度となっていました。

発売当初のミドルクラスモデルが2010年代に入って次々に10万円台にまで価格を落として行く中で20万円台という強気の価格設定をしていることにはきちんと理由があります。

「Nicon D810」の最大の特徴は「高画素」「圧倒的解像度」にあり、また実際にファインダーを覗いてシャッターを切った時に心地よい音が聞こえるといった質感にもこだわりが見られます。

細かいところですが廉価版モデルの一眼レフの場合、ファインダーの接眼レンズが四角い形をしていることが多いのですが、この「Nicon D810」では丸型をしており視野率100%という使い心地の良さが追求されていることが分かるでしょう。

高画素だからこそ撮れる写真の魅力

「Nicon D810」の基本スペックとしては有効画素数3635万画素、ISO感度64-12800、高速連続撮影約5コマ/秒です。

やはり最大の特徴と言って憚らないのが圧倒的な高画素で、3635万画素のセンサーによる静止画は廉価版のカメラとは全く違った迫力があります。

ですので写真を等倍鑑賞したり大型プリントしたりといった加工写真も楽しむことができ、プロとしての仕事やコンテストへの出品も可能な高品質な撮影が可能です。

最もあまりにも解像度が良すぎるため、パソコン内での閲覧や加工には向かないということもありますが、そのあたりは他のカメラとの使い分けを上手にやっていくのがよい方法と言えます。

ちなみに「Nicon D810」の高解像度を完璧に引き出すためには、レンズにもこだわりを持つのがおすすめです。

解像度に対して質の悪いレンズを使っていると、ブレやノイズ、露出の不適合といったようなことが起こってしまいます。

Nikonもより高性能な撮影ができるD810用のレンズキットを販売しており、それらを導入することで遠景ズームなど特殊な撮影をより本格的に行えるようになるでしょう。

Nicon D810A

ミドルクラス一眼レフのハイエンドモデル

「Nicon D810A」は、Nikon初のミドルクラスのフルサイズ(FXフォーマット)として発売された「D700」の後継機の一つとして販売された「D800」のさらに後継機です。

「D800」は2012年に発売されたモデルであり、フルサイズデジタル一眼レフは比較的低価格で購入できる「D700」が登場したことで一気に市場で知名度が高まったのですが、「D800」は機能をやや高めたハイクラス製品として開発をされています。

取引価格も発売当初約33万円程度で取引されていた「D700」に対し、初期モデルである「D800/800E」は約30万円とほとんど変わらない価格帯と維持しています。

デジタルカメラは2000年代後半から急激に技術進化が起こったこともあり、一気に購入価格帯が下がったのですが、4年も遅れて発売をしたにも関わらずほとんど同じ価格で販売しているところにメーカー側の強気を感じられるでしょう。

「D800/800E」は有効画素数3630万画素と当時の一眼レフとしては最高レベルとなっており、画像処理エンジンにも当時最新式であったEXPEED3が搭載されました。

ボディサイズは「D700」と比較して一回り大きくなっていることから、小型化や機能を落とした廉価版として進化した「D600」とは大きくコンセプトが違うということが伺えます。

D810を改良した天体撮影用のモデル

「D800/800E」の後継機としてはまず最初に「D810」が2014年に発売されています。
それより約1年遅れた2015年に発売されたのが「Nicon D810A」で、こちらは天体撮影専用として開発されたモデルとなっています。

ちなみに2014年というのは皆既日食やスーパームーンといった月にまつわる天体の動きが頻発をした年であり、その翌年である2015年には流星群が連続して起こるという非常に珍しい時期となっていました。

そんな天体への関心が向いたことからユーザー拡張を狙って発売されたのが「Nicon D810A」で、実際ペルセウス座流星群やふたご座流星群などを撮影するためにこのモデルを買った人も多くいたようです。

「Nicon D810A」に搭載されているのはHa線に対応する光学フィルターで、一般的なデジタルカメラでは捉えることができない夜空のHa線という波長をキャッチすることができるようになっています。

プロの天体写真を見ると夜空が赤っぽく見えますが、これはHa線をきちんと捉えることができるカメラやレンズを使用しているからです。

他にも天体観測には欠かせない長時間露光マニュアルモードなどを簡単に使えるようになっており、初めての天体撮影にも非常に便利です。

Nicon D750

ミドルクラスの一般向け「D700」の後継機

「Nicon D750」が発売されたのは2014年9月25日で、2008年に発売された一般向けの初のフルサイズ一眼レフデジタルである「D700」の直系後継機です。

「D700」が発売された2008年当時はNikonのカメラ全体の主流はプロ向けのフラッグシップモデルもしくは廉価版が中心となっており、ミドルクラスというのは今ひとつ品薄という状態になっていました。

そこで初の一般向けフルサイズ(FXフォーマット)一眼レフとして登場することになったのですが、それでも当時は家電量販店やカメラ店では33万円前後で販売されているのが普通でした。

フラッグシップモデルの平均価格が60万円からだったことから、半額程度で購入でるミドルクラスの一眼レフは大きな注目を受けたものですが、それでも30万円のカメラというのはよほどカメラが好きな人でもないとなかなか手が出ません。

そこでデジタル一眼レフカメラ全体が値下がり傾向に転じたこともあって、「D700」の後継機として2014年に登場したのが「Nicon D750」です。

「D700」は発売後ミドルクラスとして傍系の新モデルとして「D800/800E」や「D600」といったものの元にもなりましたが、「Nicon D750」はそれらとは異なる直系後継機となっています。

とはいえ「D750」は平均取引価格帯が15万円程度と、発売当時の「D700」のさらに半額程度です。
かつて「D700」を待ち望んで購入した人にとっては、「D750」はハイエンドモデルよりは機能が劣り、エントリーモデルよりは価格が高いという中途半端な製品というイメージを持たれてしまいました。

そのため興味はあるけど購入には踏み切れないという意見も発売時には多く聞かれており、それがニコンのカメラ全体の中での影の薄さにつながってしまっています。

使ってみて良さがわかるカメラ

しかしその一方で実際に「Nicon D750」を購入してみた人の意見を見ると「買ってよかった」「何やかやで使い続けている」といったものがよく見られます。

搭載機能は有効画素数2432万画素にISO感度は100-12800、高速連続撮影約6.5コマ/秒と確かに中途半端な印象はあるでしょう。

ところが実際に使用をしてみると「軽くて使いやすい」「高感度でノイズレスな画質で撮影できる」「ライブビューが強化されている」などの使用感の良さが出てきます。

比較的安い価格でフルサイズのデジタル一眼レフカメラを手に入れられるというのはやはり大きいですので、休日カメラマンや素人向けのカメラではちょっと物足りないという人にはピッタリです

Nicon D610

一般向けのフルサイズ一眼カメラの最新機

「Nicon D610」は一般向けに発売された初のフルサイズカメラである「D700」の最新後継機です。
「D700」が発売をされたのは2008年からのことですが、その後「D800」や「D600」といったモデルを経て2013年10月に「Nicon D610」が登場しました。

一つ前のモデルである「D600」は、ミドルクラスで購入できるフルサイズ(FXフォーマット)として注目をされてきた「D700」をさらに一般向けに手頃な価格で購入できるようにした廉価版です。

「D600」が発売をされたのは2012年のことで、画素数を2426万画素とやや抑えめにしつつ、最小・最軽量のフルサイズカメラとして大きな注目を受けました。

しかしながら「D600」は発売をして間もなくより「ダスト問題」と言われる大きな欠陥があることが判明し、メーカー側が無償点検・清掃や関連部品の交換をすることとなっています。

D600におけるダスト問題とは、ローパスフィルターの上にゴミが付着をしてしまうことにより、撮影画像に黒い粒状の映り込みができてしまうということでした。

こうしたローパスフィルターへの汚れはデジタル一眼レフカメラでは当然に起こってしまう問題であるとは言われているのですが、注目度が高かった分ユーザーに与えるインパクトは大きかったようです。

「Nicon D610」が発売されたのは2013年10月と「D600」が発売されてから1年弱という短いスパンとなったのもこのダスト問題に対応するためです。

ですので実質的には基本性能は「D600」と「D610」には大きな違いはなく、このダスト問題への対応があるなしというところで差があると思った方がよいでしょう。

もし中古で購入を考えている場合には、このあたりの事情はしっかり理解しておいた方がよいと言えます。

低価格帯で購入できる手頃なカメラ

「Nicon D610」は性能的にはエントリーモデルに近く、有効画素数は2426万画素、ISO感度は100-6400、高速連続撮影約6コマ/秒となっています。

そのためプロ向けのハイエンド機と比べると本格的な撮影にはちょっと物足りなく感じてしまうかもしれませんが、それでも最軽量・最小サイズのフルサイズカメラという魅力は十分でしょう。

画像処理エンジンはEXSPEED3ですが、カメラ全体の解像度からすれば十分な機能です。

カメラ側面に2枚のSDカードの挿入口があり、撮影をした動画や静止画を簡単にパソコンなどの編集用機器に移動させることができます。

発売時期がやや古いということから最新機種と比較すると不便な点もありますので、サブ用として使用するのがよいと言えます。

Nicon D500

プロ向け「D5」の機能を受け継ぐファン待望の機器

「Nicon D500」は、DXフォーマットデジタル一眼レフのフラッグシップモデルとして登場した2016年4月28日発売のカメラです。

フラッグシップモデルとは、そのシリーズの中でも最上位として位置づけられている製品のことを示すもので、Nikonは世界的にも高品質なカメラメーカーということもあり、実質的には世界一と言ってもよい性能を持っているものと言えます。

言い換えればこれこそが現在市販されているデジタル一眼レフカメラの中で最も高い性能を持っているものということになりますので、プロを始めとし長年本格的にカメラを趣味にしている人にとっては絶対にチェックをしておきたい機器です。

基本性能としてはDXフォーマットに有効画素数は2088万画素、ISO感度はISO100-51200、高速連続撮影は約10コマ/秒となっています。

動画撮影においてはD-MovieではフルHD1080/60p、4K UHD30pとこちらも普段使いでは勿体ないほどの高性能となっています。

Nikonの最新機種には標準搭載されている「SnapBridge」ももちろん導入されており、Wi-FiやBluetooth、NFCといった接続も標準となっており、全く不足部分を感じることがありません。

会心の一枚を作り出すAFシステム

「Nicon D500」はニコンデジタル一眼レフカメラでも史上最強の被写体捕捉力があるという謳い文句とともにメーカー側が自信を持って販売しています。

この根拠となっているのは革新的なAF性能を実現していることで、位相差AFでは「D5」と同じマルチCAM 20Kオートフォーカスセンサーモジュールが搭載されています。

これは液晶画面を通して見たときに153点のフォーカスポイントを確認することができるようになっており、フォーカスポイントをタッチパネルで選択することにより、被写体の中心としたい場所を的確にして高密度な静止画や動画を撮影可能です。

Nikonの最上位モデルに搭載されてる画像処理エンジンであるEXPEED5が搭載されており、連続撮影をしたときに決定的な瞬間を逃さずにキャッチします。

この画像処理エンジンは望遠で撮影をした場合にも機能を発揮し、遠景撮影をする場合であっても焦点を的確に合わせた望遠撮影ができます。

メーカーからのアナウンスの全てが全く大げさなものではなく、現在販売されているデジタル一眼レフカメラの最高峰と言っても間違いはないでしょう。

初心者が使用するにはちょっと多機能すぎることからこれからカメラを始める人にはあまりおすすめはしませんが、プロや長年のアマチュアカメラマンには最適です。

Nicon D7500

中級機であるD100の系列の最新機

「Nicon D7500」は、Nikonのデジタル一眼レフカメラの中でも中級者向けとして開発された「D100」シリーズの最新機です。

「D100」が発売されたのは2002年からのことで、それまでデジタル一眼レフカメラといえばプロ用の大型高級機が主流であったところ、ミドルクラスサイズのカメラとしてややサイズや性能を落として販売されました。

性能面では非CPUレンズを使用しているために露出計が作動しないといった機能面での制約はついていましたが、プロ用のデジタル一眼レフカメラが65万円前後で発売されていたところを30万円程度とかなり安く購入ができることから、一気にフィルムカメラからのユーザー移動が起こりました。

その後2005年には「D50」というさらに手軽に購入できるエントリーモデルが販売をされますが、「D100」系統はそのまま中級機として何度もモデルチェンジをしており、その最新機として2017年6月9日に「Nicon D7500」が登場したのです。

性能的にはDXフォーマットデジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデルである「D500」の廉価版という位置づけになっており、「D500」の高画質と高速性能を軽量・薄型モデルに凝縮搭載しています。

ISO感度や高速連続撮影機能が充実

販売当時は30万円クラスが当然となっていたNikonの中級機ですが、現在ではかなり値下がりし「Nicon D7500」のような高性能カメラも15万円以下で購入することができます。

ISO感度は100-51200とエントリーモデルの倍となっており、さらに高速連続撮影は約8コマ/秒とかなり充実をしており、脱初心者の撮影をしたい人にとっては非常に使いやすいモデルと言えるでしょう。

プロ向けの「D500」モデルに搭載されてるニコンDXフォーマットである画像処理エンジンEXPEED5が採用されていることから、データを高速で処理できることも大きな特徴です。

一つ前のモデルである「D7200」では画像処理エンジンはEXPEED4であることから、モデルチェンジにより飛躍的に機能が向上していることを実感できます。

この優れた演算機能が、高速連続撮影や高解像度の動画撮影を可能にしています。
画像モニターは操作性に優れたタッチパネルが採用されており、タッチAFやタッチシャッターなどスマートフォンの撮影に慣れた人にもなじみのある操作が可能になりました。

液晶画面は折りたたみ式で手前に伸びるようになっており、ストラップで首からさげた体勢から前方の映像を確認しながら撮影できるようになっています。

軽量であることも一つの特徴で、屋外に持ち出しての撮影をするときにも無理なく行うことが可能です。

Nicon D5600

タッチパネル操作が可能なバリアングル液晶モニター

「Nicon D5600」は、2016年11月に発売されたばかりの「D5500」の系列の後継機です。
「D5500」も販売がただちに停止になるわけではありませんので、市場で「D5500」と「D5600」が併売されている様子も見かけられました。

「Nicon D5600」の特徴となっているのは直感的なタッチパネルで操作ができるバリアングル液晶モニターで、初心者でも簡単に操作ができるというエントリーモデルとなっています。

炭素繊維複合材料を使用したモノコック構造をした高強度の薄型ボディは持ち歩きをするのも楽で、カメラを持って出かける時にも最適の作りをしています。

新型になって導入されたのが「ScanBridge」というスマートデバイスと連携をすることができる機能です。
更にカメラ本体にWi-Fi機能がついているので、静止画や動画を高速で転送することができ、スマートデバイスから静止画のリモート撮影が可能となります。

液晶画面を通して撮影した動画を切り替えるときに素早く移動ができる「フレームアドバンスバー」や「タイムラプス動画」という微速度撮影機能、NFCによる連携などスマートフォンと一緒に使うことを前提とした機能が満載です。

スマートデバイスと連携することにより、撮影をした動画や静止画に著作権情報や画面コメントなどを付加することもでき、日時や位置情報を同期して正確な情報を記録できます。

開閉式バリアングル液晶モニターだから動画撮影もらくらく

Nikonの「D5000」シリーズでは、背面の液晶画面部分が開閉できるようになっているので、角度が難しい動画や静止画を撮影することも簡単です。

子供や動物など目線の合わせ方が難しい撮影や、自撮りをするときなどは液晶画面を自分の方に向けることで撮影ができます。

バリアングル液晶モニターは左側に180°、上向きに90°となっています。
付属品としてフラッシュライトをつけることでより本格的な撮影にも耐えることができますので、エントリーモデルとはいえかなり質の良い撮影が可能です。

タッチパネル式の利点を生かした撮影として「タッチFn(ファンクション)」機能があります。
こちらはファインダー撮影時に液晶モニター画面を親指でスライドさせることで、フォーカスポイントを直感的に移動をすることができます。

ファインダー撮影時には同様に8つの設定を行うことができるので、カメラについての知識が増えていくに連れてより撮影が楽しくなることでしょう。

撮影時のタッチパネルの誤作動を防ぐためのアイセンサーも搭載されており、ファインダーに目を近づけた時には自動的に表示がOFFとなります。

Page 1 of 2

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén