a0002_010099

デジタル一眼レフカメラとは

デジタル一眼レフカメラとは通称デジイチとよばれることのあるデジタルカメラです。
レンズを交換することができて、ファインダーにはレンズに映しだされている画像を見ることができて、それによって撮影できます。
色々なレンズが登場しているため、こだわりの写真を撮影することができる点に特徴があります。

かつては価格が高かったために気軽に手を出すことができなかったのですが、最近はリーズナブルな商品が出るようになっており、初心者や女性をターゲットにしたものも登場しています。
取り扱いも楽になり、人気を集めているタイプのカメラです。
本格的な写真を撮りたいと考えている方にはピッタリなカメラでしょう。

一眼レフと呼ばれるタイプのカメラはこちらです。
マクロ撮影からスポーツ撮影にまで対応できるため、どのような目的で利用する方にもピッタリです。
入門用として安くて小さめのサイズのものがあるため、まずはそちらを購入してみましょう。

本体価格の相場としては5万円から90万円のものまであります。
レンズについては1本が2万5000円から150万円のものまで出ています。
こだわりだすとかなり高価なものまであるため、お金がかかります。

長所と短所

デジタル一眼レフカメラには長所と短所があります。
長所としてはとても高画質な写真が撮れることです。
プロも使っているタイプのカメラであり、きちんとレンズを選ぶことによって、プロのような写真を撮影できるでしょう。

レンズには豊富なバリエーションが存在しているため、状況に応じて使い分けましょう。
オート撮影機能もあるため、初心者の方でも使いやすくなっています。
画質は通常のコンパクトデジタルカメラと比べれば一目瞭然で圧倒的に差があります。

レンズは別のカメラにも使用することができるため、一つの財産として所有できるでしょう。
電池は長持ちするため、じっくりと撮影に集中することが可能です。
ただし、短所もいくつかあるため気をつけてください。

まず、サイズが基本的に大きくてかさばってしまうため、持ち運びをするのは少し不便となります。
取り扱いについては注意点がいくつかあるため、気軽に利用できないことが多いです。
本体だけではなくて交換レンズの方もサイズが大きくて重いため、使いづらいと感じることもあるでしょう。

また、基本的にとても高価なため、大切に扱わないとお金を無駄にしてしまいます。
このように一眼レフには短所も存在しているのですが、カメラの扱いに慣れた方であれば、メリットのみを得ることができます。
新しいモデルであれば、カメラを初めて使うという方にも利用しやすくなっているため、挑戦してみるとよいでしょう。

きれいな写真を撮りたいという目標があるならば、最終的にはこちらのカメラを使うことになります。