TSU88_dejikametorujyosei500-thumb-900x600-4389

コンパクトデジタルカメラの特徴

コンパクトデジタルカメラとはいわゆるデジカメのことであり、一般に使われているものです。
コンデジという呼び方をすることもあります。
最も普及しているタイプであり、気軽に購入することができて、1万円以内で買うことも可能です。

色々なタイプが発売されているのですが、薄型のものや高倍率のもの、レンズの性能が優れているものなどさまざまです。
どのような用途や目的で利用するかによって、選ぶことができます。
価格帯も豊富に揃っているため、安いものから高くて高性能なものまで揃っています。

本体価格は1万円以内で買えるものから10万円近くするものまであります。
基本的にレンズ一体型となっているため、レンズを付け替えることはできません。
オート撮影の機能がついているため、カメラに関して初心者の方でも問題なくキレイな写真を撮影できるでしょう。

カメラに関する知識がまったくなかったとしても、すぐに取り扱うことができます。
ただ、ボタンを押すだけでキレイな写真を撮れるのです。
家電量販店にいけばたくさんのコンパクトデジタルカメラが置かれています。

今でも最新機種が続々と登場しており、人気を集めています。
写真で撮影したデータをパソコンに取り込むことができて、それを簡単にプリントアウトすることが可能です。
とても使いやすくて、旅行先に持っていく方は多いです。

メリットとデメリット

コンパクトデジタルカメラのメリットの一つはとても安価で入手できることです。
本格的なカメラを手に入れるためには10万円以上のお金がかかってしまうのですが、安いデジタルカメラであれば1万円でも十分使える機能を備えています。
しかも、操作をするのがとても簡単なため、子供や女性でも問題なく扱うことができるでしょう。

ただし、デメリットがいくつかあるため気をつけてください。
まずレンズのサイズが小さいために場所によっては撮影することが困難な場合があります。
オート撮影の機能は確かに便利なのですが、こだわりのある撮影をすることは難しいでしょう。

被写界深度が深くなっているため、背景をぼかすことが難しいです。
暗い場所での撮影が苦手であり、高感度撮影には不向きとなっています。
また、広角撮影をすることは構造上苦手です。

このようにデメリットもあるのですが、コンパクトデジタルカメラのメリットを最大限に活かした使い方をすれば、とても役に立つでしょう。
どこでも気軽に持ち運ぶことができるため、ちょっとした写真を撮影する用途に適しています。
とても軽いため首からさげておくことも可能です。

とりあえずカメラを利用したい方は安いデジカメを購入して、普段から持ち歩くと良いでしょう。