365140616_ringo-540x360

写真は構図が大事

魅力的な写真の特徴の一つとして構図があります。
構図がきちんと考えられている写真はとてもキレイに見えるのです。
カメラを使って写真を撮影する際にはファインダーを覗きながら、どのような画を撮るのかを決めることになります。

シャッターを切る瞬間に構図が決まってしまうのですが、これが写真にとっては最も重要なポイントとなります。
どのようなアングルで撮影するのか、縦に撮るのか横に撮るのか、背景や被写体をどのように収めるのかを決めなければいけません。
これはセンスを要求される作業のため初心者にはなかなか難しいでしょう。

プロのカメラマンと素人の撮った写真の大きな違いの一つが構図なのです。
構図を見れば、その写真を撮影したのは誰なのかがよく分かります。

構図で注意するべきポイント

写真というのは何らかのイメージを伝えるために存在するものです。
したがって、写真を撮影している時には、それを見た人がどのような意図を読み取るのかを考えましょう。
主役がはっきりしている写真はとても分かりやすくて魅力的です。

写真の主役がはっきりしないような写真を撮るのはやめましょう。
技術としてわざと主役をぼかすような方法もあるのですが、初心者がやることではありません。
主役が物や人ではなくて景色の場合にも、写真全体の中でどこがポイントとなっているのかが分かりやすいようにしましょう。

写真の構図には色々な種類が存在しています。
まず最も簡単なものとして日の丸構図があります。
これは写真の中心に見せたいものを収めて、余計な要素についてはぼかして撮影します。

人物の写真に関しては日の丸構図を用いて撮影されることが多いです。
とてもシンプルで分かりやすい点に特徴があるのですが、飽きやすい構図のため工夫が必要です。
できるだけ写真としての魅力が出るように工夫しましょう。

二分割構図という構図があります。
これはシンメトリーな写真を撮影するのに向いている構図です。
写真を二つに分けたような構図となっています。

二分割構図でポイントとなるのはきちんとキレイに水平線を捉えられるかということです。
たとえば、地平線が中心になるように写真を撮影することによって、空と地面とがキレイなコントラストになります。

写真撮影において最も基本的とされているのが三分割法です。
画面を三分割にして、それぞれの線が交わる点に被写体を配置したり、背景の線を配置させることによって、すっきりとした写真になります。
新しいカメラの中にはグリッドラインを表示してくれるものがあるため、これを利用するとキレイに三分割法による写真を撮影できます。

このように構図には色々なものがあるのですが、実際にそれぞれの方法で撮影してみるのが一番でしょう。
そうすれば、構図の違いがより理解できるようになります。