a0782_001181

とにかく光を当てる

カメラの初心者がキレイな写真を撮影しようと思うならば、とにかく光を当てることを意識しましょう。
基本的に明るい場所で撮影する方がキレイな写真が撮れるようになっています。
カメラの構造上そのような仕組みとなっているため、写真撮影の際にはできるだけ光の強さにこだわりましょう。

カメラというのは人の目よりも光の感度が低くなっているため、人にとってはまぶしいと思えるほどの明るさがちょうど良いぐらいとなります。
強い光を当てないとキレイな写真は撮影できないと覚えておきましょう。
したがって、よく晴れた日の屋外が最もキレイに写真が撮影できるのです。

逆に室内の場合はきちんとストロボを使ったり、撮影ライトによって被写体に光を当てるようにしないと、キレイな写真は撮影しにくいです。
たとえば、オークションに出品するために写真を撮影する場合は、きちんと光に当てることによって見栄えがよくなるため、購買意欲を高めることができるでしょう。
飲食店のメニューに掲載されている写真も基本的にかなりの光を当てて撮影されています。

室内での写真撮影では光の量が不足していることが多いです。
特に人物を撮影する場合には強い光を当てておかないと、キレイに撮れないため、印象が悪くなってしまうでしょう。
写真撮影をする際には光を準備することが大切なのです。

光にこだわる

被写体にどのように光が当たるかによって写真の印象は大きく異なります。
同じ被写体で同じ機材を用いたとしても、順光か逆光かによって大きく異なる写真ができあがるでしょう。
どれが良いというわけではなく、どのような写真を撮影したいかによって、光の当て方を考える必要があります。

順光の場合は影が出にくくなり、すっきりとした写真を撮影することができます。
青空は実際よりも青く見えるようになり、水面は透過します。
斜光の場合には、光と影がちょうどよいバランスとなり、とても美しい状態となります。

逆光では物の輪郭がはっきりと光り輝くようになり、艶のある写真を撮影できます。
サイド光では影が多くなり、コントラストのある写真に仕上がります。
トップ光は物全体を均一に照らしだすことができて、高い物では真下に影が落ちるようになります。

このように光の強さだけではなくて、光の射し方によっても印象が違うことを覚えておきましょう。
実際に順光や逆光、斜光による写真を撮影してみることによって、実感がわくでしょう。
最終的に自分がどのような写真を撮影したいのかを考えることが大切です。

目的に合わせて光を利用することによって、自分の理想通りの写真を撮影することができます。
写真撮影はとても奥の深いものなのです。
光についての理解を深めるようにしましょう。