プロも大満足の高機能カメラ

「Nicon D810」は一般向けフルサイズ一眼レフとして初めて作られた「D700」の後継機として、機能を向上させたハイクラスタイプとして登場したカメラです。

前のモデルである「D800/800E」は発売当時の2012年には当時のデジタル一眼レフとしては最高画質である3630万画素を搭載しているとして大きな注目を受けました。

他のミドルクラスモデルが次々に小型化をしている一方で「Nicon D810」はむしろ前モデルよりも大型化を進めており、その分高性能の画像処理エンジンや高角度のファインダーという進化をしています。

ちなみに「D800/800E」の発売当時の店頭販売価格は約30万円でしたが、2014年に「Nicon D810」が発売されたときには約23万円程度となっていました。

発売当初のミドルクラスモデルが2010年代に入って次々に10万円台にまで価格を落として行く中で20万円台という強気の価格設定をしていることにはきちんと理由があります。

「Nicon D810」の最大の特徴は「高画素」「圧倒的解像度」にあり、また実際にファインダーを覗いてシャッターを切った時に心地よい音が聞こえるといった質感にもこだわりが見られます。

細かいところですが廉価版モデルの一眼レフの場合、ファインダーの接眼レンズが四角い形をしていることが多いのですが、この「Nicon D810」では丸型をしており視野率100%という使い心地の良さが追求されていることが分かるでしょう。

高画素だからこそ撮れる写真の魅力

「Nicon D810」の基本スペックとしては有効画素数3635万画素、ISO感度64-12800、高速連続撮影約5コマ/秒です。

やはり最大の特徴と言って憚らないのが圧倒的な高画素で、3635万画素のセンサーによる静止画は廉価版のカメラとは全く違った迫力があります。

ですので写真を等倍鑑賞したり大型プリントしたりといった加工写真も楽しむことができ、プロとしての仕事やコンテストへの出品も可能な高品質な撮影が可能です。

最もあまりにも解像度が良すぎるため、パソコン内での閲覧や加工には向かないということもありますが、そのあたりは他のカメラとの使い分けを上手にやっていくのがよい方法と言えます。

ちなみに「Nicon D810」の高解像度を完璧に引き出すためには、レンズにもこだわりを持つのがおすすめです。

解像度に対して質の悪いレンズを使っていると、ブレやノイズ、露出の不適合といったようなことが起こってしまいます。

Nikonもより高性能な撮影ができるD810用のレンズキットを販売しており、それらを導入することで遠景ズームなど特殊な撮影をより本格的に行えるようになるでしょう。