タッチパネル操作が可能なバリアングル液晶モニター

「Nicon D5600」は、2016年11月に発売されたばかりの「D5500」の系列の後継機です。
「D5500」も販売がただちに停止になるわけではありませんので、市場で「D5500」と「D5600」が併売されている様子も見かけられました。

「Nicon D5600」の特徴となっているのは直感的なタッチパネルで操作ができるバリアングル液晶モニターで、初心者でも簡単に操作ができるというエントリーモデルとなっています。

炭素繊維複合材料を使用したモノコック構造をした高強度の薄型ボディは持ち歩きをするのも楽で、カメラを持って出かける時にも最適の作りをしています。

新型になって導入されたのが「ScanBridge」というスマートデバイスと連携をすることができる機能です。
更にカメラ本体にWi-Fi機能がついているので、静止画や動画を高速で転送することができ、スマートデバイスから静止画のリモート撮影が可能となります。

液晶画面を通して撮影した動画を切り替えるときに素早く移動ができる「フレームアドバンスバー」や「タイムラプス動画」という微速度撮影機能、NFCによる連携などスマートフォンと一緒に使うことを前提とした機能が満載です。

スマートデバイスと連携することにより、撮影をした動画や静止画に著作権情報や画面コメントなどを付加することもでき、日時や位置情報を同期して正確な情報を記録できます。

開閉式バリアングル液晶モニターだから動画撮影もらくらく

Nikonの「D5000」シリーズでは、背面の液晶画面部分が開閉できるようになっているので、角度が難しい動画や静止画を撮影することも簡単です。

子供や動物など目線の合わせ方が難しい撮影や、自撮りをするときなどは液晶画面を自分の方に向けることで撮影ができます。

バリアングル液晶モニターは左側に180°、上向きに90°となっています。
付属品としてフラッシュライトをつけることでより本格的な撮影にも耐えることができますので、エントリーモデルとはいえかなり質の良い撮影が可能です。

タッチパネル式の利点を生かした撮影として「タッチFn(ファンクション)」機能があります。
こちらはファインダー撮影時に液晶モニター画面を親指でスライドさせることで、フォーカスポイントを直感的に移動をすることができます。

ファインダー撮影時には同様に8つの設定を行うことができるので、カメラについての知識が増えていくに連れてより撮影が楽しくなることでしょう。

撮影時のタッチパネルの誤作動を防ぐためのアイセンサーも搭載されており、ファインダーに目を近づけた時には自動的に表示がOFFとなります。