プロ向け「D5」の機能を受け継ぐファン待望の機器

「Nicon D500」は、DXフォーマットデジタル一眼レフのフラッグシップモデルとして登場した2016年4月28日発売のカメラです。

フラッグシップモデルとは、そのシリーズの中でも最上位として位置づけられている製品のことを示すもので、Nikonは世界的にも高品質なカメラメーカーということもあり、実質的には世界一と言ってもよい性能を持っているものと言えます。

言い換えればこれこそが現在市販されているデジタル一眼レフカメラの中で最も高い性能を持っているものということになりますので、プロを始めとし長年本格的にカメラを趣味にしている人にとっては絶対にチェックをしておきたい機器です。

基本性能としてはDXフォーマットに有効画素数は2088万画素、ISO感度はISO100-51200、高速連続撮影は約10コマ/秒となっています。

動画撮影においてはD-MovieではフルHD1080/60p、4K UHD30pとこちらも普段使いでは勿体ないほどの高性能となっています。

Nikonの最新機種には標準搭載されている「SnapBridge」ももちろん導入されており、Wi-FiやBluetooth、NFCといった接続も標準となっており、全く不足部分を感じることがありません。

会心の一枚を作り出すAFシステム

「Nicon D500」はニコンデジタル一眼レフカメラでも史上最強の被写体捕捉力があるという謳い文句とともにメーカー側が自信を持って販売しています。

この根拠となっているのは革新的なAF性能を実現していることで、位相差AFでは「D5」と同じマルチCAM 20Kオートフォーカスセンサーモジュールが搭載されています。

これは液晶画面を通して見たときに153点のフォーカスポイントを確認することができるようになっており、フォーカスポイントをタッチパネルで選択することにより、被写体の中心としたい場所を的確にして高密度な静止画や動画を撮影可能です。

Nikonの最上位モデルに搭載されてる画像処理エンジンであるEXPEED5が搭載されており、連続撮影をしたときに決定的な瞬間を逃さずにキャッチします。

この画像処理エンジンは望遠で撮影をした場合にも機能を発揮し、遠景撮影をする場合であっても焦点を的確に合わせた望遠撮影ができます。

メーカーからのアナウンスの全てが全く大げさなものではなく、現在販売されているデジタル一眼レフカメラの最高峰と言っても間違いはないでしょう。

初心者が使用するにはちょっと多機能すぎることからこれからカメラを始める人にはあまりおすすめはしませんが、プロや長年のアマチュアカメラマンには最適です。