IMG_01001-540x360

料理を撮るためのコツとは?

外食をした時や料理をした時などには、料理を写真として残したいと思う時があります。
そんな時にいざカメラで写真を撮ったとしてもキレイに撮ることができなくて悩んでいる方は多いでしょう。
ちょっとしたコツを理解するだけで、とても美味しそうな料理の写真を撮影することができます。

まず、いくつも料理が並んでいるような場合には横ではなく縦にして撮影する方が良いです。
横にしてしまうと、すべての料理を均等に撮ることができるのですが、のべっとした印象を与えてしまいます。
料理が野暮ったいもののように写されてしまうため、縦の方が良いのです。

縦にすることによって奥行きが生まれるようになり、これによって、とても表情豊かでそれぞれの魅力がよく分かる写真を撮影できるようになります。
また、料理の質感を出すことはとても大切です。
質感を上手く出すことができれば、とても食欲をそそる写真を撮影できます。

そのためには料理に寄って撮ることが大切です。
特に美味しそうだと思われるポイントにピントを合わせて、その部分を中心に撮影しましょう。
料理に近づいて撮ることによって、質感やボリューム感を出すことができます。

また、余計なものが写り込まないようにしましょう。
料理を撮ることに気を取られてしまい、写真の中に関係のないものが写り込んでいるケースがあります。
特にスマホのカメラの場合には広角となっているため、広い範囲を撮ってしまい、余計なものが写り込む可能性が高くなっています。

料理から少し離れて立つようにして、そこからズームをすることにより、料理だけを撮影できます。
ピントをきちんと合わせることも大切です。
料理を手前に置いてそれにピントを合わせると、奥行きはぼやけて写るようになり、結果的に料理がより際立つようになり、美味しそうに見えます。

美味しそうと思われる写真を撮る

美味しそうな料理を撮るためには他にも色々な工夫の仕方があります。
たとえば、飲み物を撮る時には透過光を用いて撮影しましょう。
液体に光を通過させることによって、透明感を上手く表現することができます。

また、料理を取る際には逆光を用いることをおすすめします。
これによって、料理に影ができるようになり、立体感を表現することができて、まるで目の前に料理があるかのような錯覚を呼び起こせます。

食器の配置の仕方にもこだわるようにしましょう。
お皿が二つあるならば対角線上に配置しましょう。
3つ以上あるならば互い違いに置くようにしましょう。

また、食器同士に隙間が生じないようにすることも大切です。
このように単に料理にだけ注目するのではなくて、光の当たり方や食器の配置にまで気を配るべきです。
これらの努力によって、とても美味しそうな料理の写真を撮影することができます。