PAK86_futaridesyame20140321500-thumb-1050x700-4892

写真撮影は迷惑がかかる

かつては写真を撮影するのは手間のかかる行為でした。
それが最近ではコンパクトデジタルカメラやスマホ、携帯電話などの普及によって、誰でも気軽に写真を撮れるような時代となりました。
そのため、趣味としてカメラが好きな方でなくても、簡単にカメラを使って写真を撮影することが増えています。

ただ、昔よりも圧倒的に写真を撮る方が増えているため、マナーの問題が生じてきました。
肖像権の問題や器物破損、業務妨害など、色々な社会問題が生じているのです。
写真を撮る方はきちんとマナーを守りましょう。

基本的に写真を撮影することはよほど注意をしないと、誰かに迷惑をかけることになると理解してください。
たとえば、外で写真を撮る時には、通行人に迷惑をかけることになります。

どのようなマナーがあるのかをきちんと理解しましょう。
写真撮影に関するマナーの中には常識的なものもあれば、説明されないと分からないようなものも含まれています。

こちらのサイトでは写真撮影に関するマナーについて解説しています。

参考⇒写真撮影マナー 二十四ヶ条 / NPO法人フォトカルチャー倶楽部

色々とためになる情報が掲載されているため、参考にしてください。

色々なマナーを守る

まず、何かを撮影する時にはその写真を撮っても問題がないのかを確認しましょう。
有名な観光地だからといって気軽に写真を撮っていいわけではありません。
中にはきちんと許可を取らないと写真を撮影できない場所も存在しているのです。

美術館や映画館の中には撮影禁止の場所がたくさんあります。
スポーツ観戦だとフラッシュが禁止されていることが多いです。

また、個人情報に関わるような写真撮影は特に注意するべきです。
何か責任を問われるようなことがあったら、きちんと自己責任で対処する覚悟を持ちましょう。

カメラを使うのは構わないけれども、三脚を使うことが禁止されている場合もあります。
走行中の電車や自動車に向かってフラッシュを使用するのは絶対にやめましょう。
動物を撮影する場合は驚かさないように気をつけてください。

写真撮影の際には謙虚な気持ちを持つことが大切です。
自分は撮らさせてもらっているという気持ちを持っていれば、大抵のマナーは自然に守れるはず。
自分勝手な考えをして他人に迷惑をかけている方はたくさんいます。

このようにたくさんのマナーが存在しています。
すべてを理解することは難しいかもしれませんが、大部分は常識的な判断で守れるものばかりです。