IMG_1705-540x360

キレイな夜景を撮るコツ

屋外で素敵な夜景を見た時にはぜひともそれを写真に収めたいと思うでしょう。
夜景の撮影に失敗する理由として最も多いのはカメラブレです。
これによって、せっかくの夜景をキレイに撮ることができなくなります。

カメラブレを防ぐための方法の一つとして感度を高くする方法があります。
感度を高くすることで、シャッター速度を早くすることができるため、カメラブレによる影響を軽減できるのです。
ただし、感度が高くなることによってノイズが増えてしまう可能性があります。

しかし、趣味として夜景を撮影したいだけならば、感度を高くしても特に問題はないでしょう。
また、セルフタイマー機能を利用する方法があります。
これならば自分でシャッターボタンを押す必要がないため、カメラが動いてしまうのを防げるのです。

三脚を使うのであれば、セルフタイマー機能のメリットを最大限に発揮できるでしょう。
カメラを三脚に固定することができれば、カメラはブレることがなくなります。
また、安定した構造物が近くにあるならば、その上にカメラを置いて撮影することができます。

旅行に行く際に便利なものとしてミニ三脚があります。
コンパクトにまとまっている三脚のためとても利用しやすいです。

明るさに気をつける

夜景を撮影する際に覚えておいてほしいことは明るさについてです。
人間の目が見ている明るさとカメラが感じる明るさは異なっているのです。
人の目には同じように見えたとしても、実際にカメラで撮影してみると、結果が異なることはよくあります。

デジカメであれば、その場で写真を確認することができるため、上手く撮れているのか確かめましょう。
思い通りの写真を撮ることができるまで、何度も諦めずにやり直すことが大切です。

最初はフラッシュを使わずに撮影してみましょう。
これによって、どのように写るのかを確認してください。
明るさを補正するためには露出補正機能を使いましょう。

もし写真が明るすぎる場合にはマイナス補正をすることによって、キレイに撮れます。
夜景を撮影するときには、景色が明るすぎることがよくあります。
ある程度の暗さがないと夜景の綺麗さを際立たせることができません。

夜景を撮る際にはカメラの操作方法をきちんとマスターしましょう。
カメラには色々な機能がついているため、これを使いこなすことによって、キレイな夜景を撮れるのです。

夜景を撮影する際に注意するべきこととして、マナーを守りましょう。
周りに多くの人がいる場合には、その人達に配慮しながら撮影するべきです。
あるいは落ち着いて撮影できそうな場所をあらかじめ探しておいて、そこでじっくりと撮影するという方法もあります。