PAK85_kouendehashiruonnnanoko20141115141128500-thumb-1000x1500-5928

子供の可愛らしい写真を残す

もし子供がいるならば、絶対に写真を撮ってあげましょう。
写真に残しておくことによって、子供の成長の記録を形として残しておくことができます。
将来、子供たちの小さかった頃を懐かしんだり、子供自身も自分の小さい頃の写真を見て楽しむことができるでしょう。

子供は成長していくため、小さい頃の姿はその時にしか楽しめません。
しかし、写真に残しておくことによって、それをきっかけにしていつでも頭の中に子供の姿を呼び起こすことができます。
後になって、子供が小さい頃の写真を残しておけば良かったと後悔する方はたくさんいます。

子供の写真を撮ることを習慣づけると良いでしょう。
しかし、子供の写真をキレイに撮るのはなかなか難しいです。
どのようにすれば子供の可愛らしい姿をキレイに写真に撮れるのかを紹介しましょう。

子供の写真を撮るコツ

まず基本として、子供が画面いっぱいに写るようにしましょう。
そうすることによって、子供の存在を強調することができて、とてもキレイな写真が出来上がります。
また、子供を色々な角度から撮影して、キレイに見えるような角度を見つけましょう。

どの角度が一番キレイに写るのかはそれぞれの子供によって異なります。
その子供にとってのベストな角度が存在するため、それを見つけてあげましょう。
構図を意識して写真を撮ることはとても大切です。

実際に撮影をする前に頭の中でどのような構図にするのかを思い浮かべると良いでしょう。
いきなりシャッターを切ってしまうと失敗する可能性が高いです。
風景の写真を撮るのと同じようにして写真を撮影することが大事なポイントとなります。

また、背景にも気を使うようにしましょう。
たとえば、自宅内で撮影するならば、背景をきちんと整理しておきましょう。
背景の方に気を取られてしまうような写真は失敗です。

赤や黄色といった目立つ色が背景にあるならば、それを避けましょう。
できるだけ子供だけが目立つような写真を撮るべきです。

大人は子供の写真を撮影する時に、上から見下ろすように撮ることが多いです。
しかし、それだとありきたりな写真となり、あまり子供を魅力的に写せません。
写真を撮る時にはできるだけ子供と同じ目線になることが大切です。

これは子供に限らずペットを撮影する時にも当てはまることです。
同じ目線になることによって、子供の愛らしい姿を撮影できます。

天気に関しては薄曇りが最も良いでしょう。
快晴の場合にはコントラストや影ができてしまうため、子供よりもそちらの方が目立ってしまいます。
薄曇りであれば、子供が一番目立つような写真を撮影することができるのです。

以上の点を意識して子供の写真を撮ってください。
そうすれば、とてもキレイな写真を撮ることができるでしょう。
何枚も撮ってみて、試行錯誤を繰り返して、キレイな一枚を求めることが大切です。