高速シャッターで発見する新たなペットの魅力

ペットを撮影するときに絶対にマスターしておきたいのがシャッタースピードの調整です。
シャッタースピードは速くすることでより短い一瞬をとらえることができ、反対に遅くすることで動きの軌跡をそのまま残すことができます。

一般的にペットを撮影する時というのは人間のように「止まっていて」という命令を忠実に守ってくれることが難しいので、より速くシャッターが切れるように「高速シャッター」という設定をします。
高速シャッターはペット撮影の他にも水しぶきの撮影やスポーツで決まる一瞬をとらえるときなどに使用されるものです。

普段一緒に生活しているペットであっても、その動きの一瞬一瞬を全て私達は肉眼でとらえることができてきるわけではありません。
そのため高速シャッターでほんのわずかな一瞬の景色を撮影するようにすることで、普段は見ることのできないような不思議な動きや表情を記録することができます。

高速シャッターをすることで意外な耳の動きや筋肉の躍動がわかったという飼い主さんも多く、ある意味撮影がメインというよりも新しいペットの魅力を発見するための方法と言えるかもしれません。

ピントを合わせるためには背景選びも大事

もう一つペットの躍動感をうまく撮影するために重要になるのが背景選びです。
屋外で撮影する時などは特に背景をうまくぼかして手前にいるペットをいかにして目立たせるかということが重要になってきます。

このとき注意をしてもらいたいのが、同じ背景であっても比較的近くにものが置かれていると絞りが十分にできないままシャッターが切られてしまうので思うように被写体の対比ができないことがあるということです。

素人でもうまく撮影するためにはできるだけ平坦で背景が広々としており、近い距離に障害物が映らない環境で写真を撮るということが大切です。
撮影前に置かれているゴミやおもちゃを取り除いておき、できるだけペット目線になったときに広く平坦になっている景色をセッティングしていきましょう。