RR152_wanko2500-thumb-637x500-2229

ペットを上手く撮るためには

大好きなペットの可愛らしい姿を写真に収めたいと考えている方は多いでしょう。
しかし、ペットを撮影するのは色々な点で困難です。
まず、ペットは動き回るため、なかなか静止している状態を撮影しにくいです。

こちらの希望通りに動いてくれるわけではないため、なかなか苦労します。
屋外の場合は特に難しく、太陽の光を考える必要があるため、ベストな場所に犬を配置するのは一苦労となります。

ペットを撮影するときにはできるだけペットと同じ目線になることが大切です。
そうすることによって、とても愛くるしい表情を写し撮ることができます。
ペットを見て可愛いと思った時にすぐにシャッターを切ってしまうと、上から見下ろすような構図になってしまい、あまりかわいくありません。

できれば目線と同じにするか、それよりも下から見上げるようなアングルで撮影することがベストとなります。
また、ペットと同じ目線になると、相手も動きを止めてくれることが多いです。
まるで飼い主に対して語りかけてくれるような構図を実現させることができるでしょう。

ペットを可愛く撮るためのコツ

他にも色々な工夫の仕方があります。
まず、ペットが駆けまわっているような時には、シャッタスピードを優先させるモードにしましょう。
これによって、シャッター速度が高速になると、まるで止まっているような写真を撮影できます。

シャッタースピードが早くなれば、動いているペットをキレイに撮ることができるのです。
1/500のスピードに設定しておくと、犬や猫が動いていたとしても、楽に撮れます。
もしカメラにシャッタースピードを設定するための機能がないならば、シーン設定を変えてスポーツモードにするとよいでしょう。

また、ペットの可愛らしいベストショットを撮りたいならば、基本的にたくさんの写真を撮ることをおすすめします。
何枚でも撮ってみることによって、ペットの良い表情をとらえることができます。
連写モードを利用すると、たくさんの写真を一度に撮ることができて、その中にはペットのとてもキュートな表情をとらえているものがあるでしょう。

また、基本的なこととして、ペットの写真を撮る時には、ペットを強調させるようにしましょう。
カメラを近づけたり、接写モードにするなどの工夫をして、できるだけ写真の中でペットが大きく写るようにしましょう。
ペットだけを強調して、できるだけその他の要素を取り除くようにします。

カメラのズーム機能を用いたり、あるいはカメラを被写体に近づけるようにしましょう。
以上のような工夫をすることによって、ペットのとてもキレイな写真を得られます。