思い切ったズームで動物の表情を撮影する

カメラのアングルテクニックの一つとして、思い切ったズームアップという方法があります。
これは動物でも人物でも使える便利な方法なのですが、カメラのレンズのズーム機能を目一杯使ってフレーム内一杯にまで表情を映し出すようにするとアーティスティックな印象のある構図になります。

特に犬猫のように人間と生活エリアが近い動物や、霊長類などの知能の高い動物になると瞳の中にその個体ずつの思考や表情がはっきりと出てくるようになるので、アップで撮影をしてみることでロングとは違った魅力を引き出すことができます。

しかしアップで表情を捉える撮影方法は、人間の場合こそじっとしてカメラ目線を要求することもできますが、動物の場合にはうまく目線を合わせることはできません。
そこでいかにして表情のタイミングをとらえ的確にズームのピントを合わせていくかということがカメラマンとしての腕前になってきます。

もっとも動物の場合はばっちりカメラ目線でなくてもそれぞれの視線の向け方でまた違った表情が生まれてくるのでまずはあまり目線にはこだわらず素早くアップにズームを合わせることができる技術を習得していくようにしてください。

ズームに便利なのが「マクロレンズ」

一眼レフタイプのカメラの場合、ズームをよりやりやすくしてくれるアイテムとして「マクロレンズ」があります。
もしくはマクロ機能を搭載したズームレンズを使用すると、素早く品質のよいズームを行うことができます。
こうしたズーム機能に特化したレンズは、動物のアップだけでなく植物や虫、小物類のアップの時にも便利に使えるので小さめのものを多く撮影する人ならぜひ揃えておくことをおすすめしたいです。

マクロレンズなどを使って大きめに撮影をするときには、通常の撮影方法よりも露出を+1くらいで明るめに設定しておくと表情が明るく見えるので健康的な印象で撮影ができます。

ズーム撮影で最も難しいのが「手ブレ」です。
遠景でも手ブレは起こりがちな失敗ですが、ズーム機能を使ったときというのはより小さなブレが大きなピントのズレにつながってしまうので僅かなブレもないようにしなければいけません。

ですので確実にズームで写真を撮ろうとするなら撮影時に三脚などカメラを固定することができる道具も一緒に持って行った方がよいでしょう。
プロのカメラマンでもアップを撮影するときには三脚を使っているので、いきなり素人がそのまま撮影をするのは難易度が高すぎです。

もしどうしても三脚がなかったり持ち込むことができない状況で撮影をするという時には、近くの柵の上にカメラを乗せたり自分が地面に横になった体制でカメラを動かないようにするなどの工夫が必要です。