動くペットを撮るなら「連写」をマスター

ペットの中でも犬を飼っている人は、元気に動き回る犬の様子を撮影したいというニーズがかなり強いようです。
しかし動きの激しい犬をただフレーム内に入れるだけでもかなり難しく、思うような写真が撮れるようになるまでにはかなりスキルアップが必要です。

そこでアマチュアでも比較的簡単に動く犬を撮ることができる方法の一つとして「連写」があります。
連写は昔のようなフィルム式のカメラではかなり費用がかかる方法でしたが、現在では容量の大きい記録媒体を使用することで何枚でも撮影ができ、かつ失敗したものはどんどん消すことができるようになりました。
ですので今時のデジカメやスマホを使ったカメラマンにとっては連写機能の使いこなしはほぼ必須事項とまでなっています。

しかしいくら手軽になったからといって連写さえすれば誰でもよい写真が撮れるというわけではありません。
連写を成功させるためにはまず動きのパターンを読んでよい動きをする一連の間を続けて撮影するようにしていくというテクニックが必要になります。

連写により距離が変わるときには注意

連写をする時の状況としては、左右に動きが抜けていくという場合と、遠近で距離が異なっていく場合との二種類があります。
このうち左右にペットが駆け抜けるような状況では特に設定をしなくてもキレイに一枚ずつが撮れるのですが、動きによって遠近が変化して来る場合にはきちんと専用の設定をしておかないと次第に画面がボケていってしまうことになります。

手軽にピンぼけを防ぐためにはあらかじめデジカメに備わっている「フォーカスエリア」を「自動選択」にしておくという方法が有効です。
この「フォーカスエリア」とはピントを合わせる場所をどこにするかあらかじめ指定しておくというものなので、先に「自動選択」にすることにより連写をしている被写体が動いても自動的に手前にあるものにピントが合って撮影ができます。

連写ではなく自力で近づいてくる被写体を撮影したいという人は「コンティニュアスAFモード」でシャッターを半押しにしながら待ち構えて決めた一瞬でシャッターを押すという方法がとられます。
ですがこれはかなり難しい方法なのでまずは連写モードを完全にマスターしてから瞬間ごとの撮影を上達させていきましょう。